円満退社を実現するポイント

円満退社をするためには、いくつかのコツがあるのです。薬剤師の方でも、一般のサラリーマンの方でも同じですが、気持ちよく退社することで、気分よく転職にのぞみましょう。

退職は2か月前に言う

法律上は、退職は退職日の2週間前に伝えればよいことになっています。しかし、実際に企業側にとっては、引き継ぎで1か月、引き継ぎ要因をアサインするのに2週間、経営者や上司に状況を報告し、今後の体制を固めるのに2週間、余裕をもって2か月あれば、企業にとっての問題が起こらず引き継ぎの完了までいけるのです。

退職は不退転の決意であることを示す

退職をはっきり伝えないと、会社側も引き止められると判断しまい、会社にとっても、あなたにとっても、いいことがない状況になってしまいます。退職時期も明確に伝えるようにしましょう。

引き継ぎ資料は完ぺきに用意する

退職することが決まったら、業務に支障がないように引き継ぎ資料を馬鹿丁寧につくっておきます。自分はそんな引き継ぎうけなかった。と何も用意しておかない人がいますが、退職した後に会社や元同僚との関係が悪化してしまうのです。時間がかかるようであれば、引き継ぎ資料になるような仕事の仕方を退職を伝える前から行っておきましょう。

退職方法も、コンサルタントに相談する

転職コンサルタントは、何人もの薬剤師の方の退職を手伝ってきたノウハウもあるのです。転職に関係ないと思わずに転職コンサルタントに相談しましょう。