ボーナス後の転職の注意点

ボーナス後に転職をしようと考えている薬剤師の方は注意すべきことがあります。

ボーナス前に退職の意思表示をするとボーナスに影響がある

ボーナスの支給金額は、病院や薬局によっては支給基準、支給のルールが明確に決まっていないところがあります。どちらかというと規模の小さな病院や薬局の場合はほぼ支給基準が明確ではない方が多いのではないでしょうか。

つまり、経営者や上司の独断と偏見でボーナス額が決定されることもあるということなのです。

そのため、ボーナスを受け取る前に退職意思を伝えてしまうと、場合によってはボーナス額を下げられてしまう可能性もあるということなのです。

ボーナス後に退職するときには強く引き留められる可能性がある

ボーナス後に退職する人というのは非常に多く、ボーナス後は人事担当者にとってみれば、退職者が重なる時期なので、できるだけがんばって引き留めようとする時期ともいえるのです。

そのため、通常退職するときよりも、強めに引き留められてしまう可能性があるのです。

ボーナス後の転職活動は、募集も多いが、ライバラも多い

ボーナス後は、退職者がどの企業でも増えるため、転職活動が活発になります。そのため、病院や薬局が代わりの人員を採用しようと募集を強化するのです。

しかし、退職した人も同時に増えるため、人気が高い薬剤師求人に、募集が殺到するという状況になります。

ボーナス後は、選択肢が増えるメリットがありますが、人気の転職先への転職難易度は上がってしまうというデメリットもあるのです。