有給や残業の質問はしない

薬剤師さんに限らずですが、面接の最後に面接官から「何か聞きたいことはありますか?」という質問をした場合、「有給はどのくらい取れるのでしょうか?」「残業はなく○時には帰れるのでしょうか?」という質問をしてしまう方がいますこれは絶対にNGです。

なぜ、有給や残業の質問をしてはいけないのでしょうか?

  • 「有給はどのくらい取れるのでしょうか?」
  • 「残業はなく○時には帰れるのでしょうか?」

ということを聞いてくる人というのは

  • 「別にこの会社でなくても良い人」
  • 「自己中心的な人物」

という自分勝手な人と判断されてしまいます。

さらには、このような仕事の環境面のことを確認してくる人は働いてからも、人事に対して同様のクレームをつけてきたり、労働基準局に駆け込んだりと、なかなかタチの悪い方と考える人事担当者も多くいるのです。

最後の質問ですべき質問は、前向きな質問

  • 「自分としてはこういう仕事をしたいのですが、同じような役割で働かれている方はどのくらいいるのでしょうか?」
  • 「自分としてはこういう仕事をしたいのですが、どのようなステップでそういう役割が任されるようになるのでしょうか?」

というように、積極的に「御社で働きたい」「働いたらこういうことをしたい」というのを、質問形式でアピールするのです。面接での最後の質問の印象は、非常に強くなる傾向があるため、最後の質問こそ最大のアピールの場だと考えましょう。

どうしても有給や残業が確認したいなら、キャリアコンサルタントに聞く

とは言っても、残業がどのくらいあるのか?有給は本当に取れるのか?は自分にとって重要な確認ポイントです。という方は、直接面接官に聞くのではなく、キャリアコンサルタントに聞きましょう。自身の印象は良いまま、上手に聞いてくれます。