当社でやりたいことは

当社でやりたいことは何ですか?当社で働いたらどういったことができると思いますか?という質問は薬剤師の面接の中でも頻度が高く登場する質問と言えるでしょう。この場合はどう答えるのが良いのでしょうか。

当社でやりたいことは、面接を左右する重要な質問

単純に言えば、

「あなたはうちに会社にとって、どういった利益を残せるのでしょうか?」

と聞いているのと同じなのです。

単にやりたい希望を聞いているのではないということに注意が必要です。

それと同時に

転職先企業の仕事の内容を把握しているか?イメージできているか?

ということもチェックポイントになる重要な質問なのです。

当社でやりたいことに対する回答方法

1.自分自身が培ってきたスキル
2.そのスキルを活かして転職先の会社でやれること
3.自分を採用してくれたら会社にもたらされる結果

この流れで回答するとスムーズに回答できることになります。

例えば、調剤薬局にMRから転職する場合

「MRの経験で自分が培ってきたのは、お客様のニーズや要望を聞き取るというスキルです。このスキルを活かして御社でも、調剤薬局に来るお客様の要望というものを数多く集めていきたいと考えております。その要望を解消するためのサービスや改善策などを提案し、実現することで患者さんの顧客満足度を高め、今の処方箋枚数を5年で1.5倍に増やすことが実現できればと考えております。」

というような回答ができれば

「この人を雇ったら、できるかできないかは別として、顧客目線のサービス強化と売上アップが見込めるんだな。」

と採用担当者は考えるのです。

ただやりたいことを話してしまっては、面接は一向に通らないでしょう。