何か質問はありませんか?

面接の最後に必ず聞かれる質問「何か質問はありませんか?」です。これは正解はないのですが、行ってはダメなタブーがいっぱいあるのです。ここでは何か質問はありませんか?のタブーについて話します。

最低2つぐらいは質問を面接前に用意しておく

この質問はほぼ100%聞かれると言っていいでしょう。聞かれなかった場合は「最後に質問させていただいてもよろしいでしょうか?」とこちらから切り出して質問しましょう。終わりよければ・・・という形で印象が逆転するケースもあります。

沈黙はNG

聞きたいことは、普通に働きたいという意欲があればいくつでも出てくるものです。沈黙を指定待ったら、転職意欲を疑われます。

条件を聞くな

雇用条件を細かく聞くのはNGです。

  • 「残業は記載されていた情報で間違えないでしょうか?」
  • 「有給は本当に使えるのですか?」
  • 「離職率はどのくらいですか?」
  • 「ボーナスはきちんと出ますか?」
  • 「福利厚生にはどのようなものがありますか?」

待遇ばかり聞く人は、働いてからもその条件交渉ばかり言って、不平不満を並べてくると思われてしまいます。本当に知りたくても、この場ではNGです。面接終了後に、転職コンサルタント経由で確認しましょう。

ホームページに載っているようなことは聞くな

調べればわかるだろ。ということを聞くのはNG。調べていないことを自分から白状しているようなものです。

はいやいいえの回答になることは聞かない

はい、いいえ、の回答で終わってしまったら、会話になりません。言い切りで終わらないような質問をしましょう。