面接官が一番重視するポイントは「長く働けるか」

薬剤師の転職活動の中で、面接官が一番重視するポイントというのは、何でしょうか?

面接官が一番重視するポイントは「長く働けるか」

「長期間働いてくれる人材か、どうか?」

これが、面接官、採用担当者が一番重視して確認するポイントになります。

経験でも、対応力でも、人柄でもないのです。

なぜ、「長く働けるか」が重要なのか?

人材紹介会社、転職サイトを使って、薬剤師の肩を採用すると採用した企業は手数料として年収の25%~35%を支払わなければなりません。

つまり、年収500万円の薬剤師を採用するのには、30%と考えても150万円のコストがかかっているのです。

5年間で1名分の薬剤師を補充しなければならない場合に

  • 1年しか働いてくれない人を5回採用したら、750万円かかります。
  • 5年働いてくれる人を1回さいようしたら、150万円で済むのです。

どちらが会社から評価される人事担当者か、わかりますよね。

出世する人事担当が気にすること、経営者が気にすることは、この採用コストなのです。

すぐやめる薬剤師を採用する人事は無能扱いされてしまいます。

だからこそ、経験でも、対応力でも、人柄でもなく「長く働けるか」が重要になるのです。

「長く働けるか」をアピールするには

  • 「長く働ける」ことを伝えること
  • 前職を辞めた理由が自分自身の理由ではなく、どうしようもない理由であることを伝えること
  • 前職の不平不満を言わないこと
  • 重視するポイントに職場環境、採用条件などのことを言わないこと
  • 住まいから近いこと

などが求められてくるのです。

転職の面接を成功させるには、経験や能力よりも「長く働けるか」をアピールすることが重要なのです。