面接での不採用にならないために

面接で不採用にならないためには、どういった点に気をつければよいでしょうか?ここでは、面接で不採用にならないためのポイントを紹介します。

面接で落ちてしまうのは、条件が悪いからではない

面接で不採用になってしまう理由は、条件ではないのです。スキル不足、年齢の問題、経験年数の問題、希望年収、勤務地などの問題ではないのです。なぜなら、それらは書類選考で振り分けられるからである。つまり、面接に到達した時点で、書類からわかるデータ上は合格ラインに達しているのである。面接でふさいようになった場合は、面接に問題があったことに他ならないのです。

面接で注意すべきポイント

1.明るい印象を与え続ける

基本中の基本ですが、これができていない人が多すぎるのです。「大きな声であいさつをする」「背筋をまっすぐに保つために椅子の前の方にすわる」「相槌は大きめにうなずく」「最初と最後は、お礼を言い、頭を下げる」これだけで相当印象は変わってくるのです。

2.意欲を見せる

意欲を見せるためには、「事前調査」が肝心なのです。その薬局や病院がどういうところに力を入れているのか、どういう人をとりたいのか、面接官はどんな方なのか、下調べができているということは、面接官からすれば、入社したい意思が強いと判断されると共に、「そんなことも説明しなければならないのか。」という無駄なストレスを与えずに済みます。

3.自分の都合で話をしない

自分の都合重視で話をすることはNGです。たとえば、退職理由を問われても、「上司がひどかった。」「残業がきつかった。」と答えてしまったり、何か質問はありますか?と聞かれても、「有給はすべて取れますか?」とか聞いてしまったり、これらの質問は内定が出てからでも聞けることなのです。自分の都合優先の質問は絶対に避けましょう。