高年収の薬剤師求人の罠

薬剤師の転職サイトには、多くの好条件の求人をうたっているサイトがあります。もちろん、すべてが嘘ではないのですが、それでも何らかの理由があるはずです。

管理職でもないのに、都心で年収600万円は・・・注意

管理職の募集であれば、都心でも年収600万円という求人はあります。しかし、管理職でもないのに都心で年収600万円も出すところがあるというのは何らかの理由があると考えた方が良いでしょう。

例えば

  • 一人あたりの処方枚数が多く、すごく忙しい
  • 残業が多く、残業代込みの年収提示
  • 職場環境が悪く、離職率が低いため高くても人を取りたい
  • 契約社員としての臨時雇用

などです。単純に年収600万円で年間休日120日以上と書いてある場合などは、なんらかの理由があるため、注意が必要です。

何もなければ良いのですが、確認せずに転職してから「話が違う」となって、再度転職活動をしなければならない形に追い込まれる可能性もあるため、いい条件であるほど、転職コンサルタントから細かい情報をヒアリングしておきましょう。