年収が高い薬剤師求人の罠

年収が高い薬剤求人を探したい。これはすべての薬剤師の方が考えることだと思います。しかし、年収が高い薬剤師求人には思わぬ落とし穴があることも想定しておかなければなりません。

年収が高い薬剤師求人は、「とにかく忙しい」可能性

相場と比較して、年収が高い薬剤師求人というのは、それだけ収入が大きい可能性があります。収入が大きいということは、薬局であれば処方箋の枚数が多い、病院であれば患者さんの数が多いということです。

つまり、とにかく忙しい可能性が高いのです。

年収だけを重視してしまい、あまりの忙しさからすぐに辞めてしまったでは、転職は失敗になってしまいます。

年収が高い薬剤師求人は、「ド田舎」の可能性

立地を良く調べないで転職活動をしてしまう方がいます。実は、相場と比較して、年収が高い薬剤師求人というのは、非常に交通の便の悪い立地である可能性があるのです。

交通の便が悪いということは、土地代が安く済むのです。その分、薬局や病院の利益も出やすくなるため、給料、人件費に還元できるという仕組みになっています。

年収が高い薬剤師求人を見つけたらまずは立地をチェックしましょう。

年収が高い薬剤師求人は、「職場環境が悪い」可能性

相場と比較して、年収が高い薬剤師求人というのは、それだけ薬剤師を早急に採用しなければならない状況に追い込まれている企業という見方もできます。

離職率が非常に高く、慢性的に高年収で人材を確保しなければいけない薬局や病院も多いのです。

離職率が高い原因はいろいろありますが、転職コンサルタントに

なぜ、ほかの求人と比較して給料が高いのか?

を事前に聞いておくと良いでしょう。離職率が高くても、その理由が自分が耐えられるものであれば、年収の高さを選ぶという選択も間違えではないのです。

まとめ

このように相場と比較して年収が高いのには、なんらかの理由があると考えてよいでしょう。本当に好待遇の病院や薬局であれば、周辺の相場より低くしないにしても、同じにしておけば人は集まるからです。