お祝い金制度は実際どうなの?

薬剤師の転職サイトの中には「転職が成功して入職したらお祝い金を10万円あげます。」というようなものもありますが、実際のところどうなんでしょうか?

実際に、薬剤師の転職サイトや人材紹介会社は、売上を1名薬剤師さんを入職させたらその人の年収の20%~30%を求人を出した薬局や病院からもらうビジネスモデルです。

年収が500万円だとしたら、一人の人を転職させると100万円~150万円が売上として薬局や病院から支払われることとなります。

つまり、薬剤師の転職サイトは一人の人を転職する確率を上がられるのであれば、10万円ぐらい転職した人にキャッシュバックしても、あまり痛くはないのです。

これがお祝い金制度の仕組みなのです。

では、転職する方の薬剤師さんの立場になってみると、ついつい現金をくれると言われてしまうと、そっちの転職サイトから転職した方がお得なのではないかと考えてしまいますが、それは間違えです。

あくまでも、転職はお祝い金を目当てにするものではありません。もし、お祝い金欲しさにあまり魅力的に感じていないところに転職してしまったら、理想と違うとすぐにまた転職しなければならなくなってしまう可能性も高いのです。

お祝い金制度が悪いわけではありませんが、転職活動中はお祝い金のことはすっきりわすれて転職先の病院や薬局を選び、転職成功後にそういえば「お祝い金があったラッキー」というぐらいの心構えでいることが良いでしょう。自分の判断基準がずれてしまうのが避けられるからです。