年収1000万円の薬剤師になる?

実際には、年収1000万円を超える薬剤師の方もいます。ただし、全体の0.3%です。かなりの高い壁と言えるでしょう。

年収1000万円を超えるには製薬会社のMRが最短距離

年収1000万円を超えるためには、調剤薬局や病院で働いていても、かなり難しいのが実際です。病院の薬剤師は平均年収がそもそも低いですし、調剤薬局はスタートの年収は高いものの年齢に応じた伸び率はかなり低いため長く勤めても1000万円には届きません。

そうなると、製薬会社で役職を上げていくのが一番の年収1000万円までの近道と言えるでしょう。しかし、研究職や開発などでは道のりは遠くなります。一番早いのが営業であるMRで実績を残すことです。一般的な企業も営業の方が結果に応じて収入を増やすことができるのです。