登録する転職会社の最適な数

薬剤師の転職サイトや人材紹介会社は、ひとつよりも複数登録した方が良いのですが、では一体何サイトぐらい登録するのがベストなのでしょうか?

特徴の違う薬剤師転職サイトを3つ登録する

おすすめは、特徴の違う薬剤師転職サイトを3つ登録することです。

特徴の違う薬剤師転職サイトとは、例えば

  • 「総合人材紹介会社の転職サイト」
  • 「医療系専門の人材紹介会社の転職サイト」
  • 「調剤グループの人材紹介会社の転職サイト」

などになります。これはどの人材紹介会社の転職サイトにも、一長一短があるからです。総合人材紹介会社は、面接の仕方や職務経歴書の書き方などのノウハウに秀でているし、医療系専門の人材紹介会社は病院や調剤薬局とのコネクションが強いため好条件の案件がある。剤グループの人材紹介会社は、グループの求人への転職成功率が上がるというメリットがあるため、分散して登録することをおすすめするのです。

4つ以上登録することにはあまり意味がない

4社以上の薬剤師転職サイトに登録しても、求人内容が重複してしまいます。だいたい3社登録すれば全国の求人の8割方は抑えられると思うので、それで十分なのです。また、4社以上の薬剤師転職サイトに登録してしまうと、サイトの管理画面に入って募集のメールの対応をするのも、面倒になってしまい、結局転職活動がうまく進まないこともあるのです。

面接の数は、どのくらい?

1社から平均で10社~20社の求人が紹介されるため、そのうちの優先度の高い2社の面接を受けてみましょう。薬剤師転職サイト3サイトで2社面接を入れれば、合計で6社です。まずは優先度の高い6社の面接を受けてみて、うまくいかなければ次の6社を探すように心がけましょう。