転職活動が決まりやすい時期

薬剤師の転職で、一番採用が決まりやすい時期というものがあります。これを把握していると、退職する時期も必然的に決まってくるので、転職活動において重要なポイントと言えるでしょう。

採用が増える時期とは

転職市場が活発になるのは、秋から冬にかけてといっていいでしょう。3月決算の企業にとっては、半期が終わって、計画に対しての補充や見直しを行う時期なのです。

特に年末年始には、冬のボーナスをもらって退職する人が増えるため、採用の方も12月を境に人が移動する3月末までは採用が大きく伸びていくのです。

転職する人が増える時期とは

採用が増える時期が一概に良いわけではありません。なぜなら、冬のボーナスをもらって退職し、正月までは海外旅行でもして、1月の終わりからぼちぼち転職活動をしようと考えるような方がたくさんいるからです。

採用も増える12月から3月ですが、ライバルも増えるのが1月の後半から3月にかけてといっていいでしょう。

つまり、狙い目の時期は

狙い目の時期は採用がある程度増える9月以降で、かつまだ転職活動をしているライバルが少ない12月の前半までと言えるでしょう。冬のボーナスが出るまで待ってくれているライバルがいるので、その間に決めてしまうのが効率的な転職活動なのです。

2月、3月には、ライバルが多く、転職成功率は下がってしまいます。