自分の年収の適正度をチェック

転職をする前に、まずは自分の年収がどの水準にあるのかをチェックする必要があります。実は、平均年収よりも高かったのに転職してしまって、年収が下がってしまうこともあるのです。

年収の適正チェックの方法

1.経験年数と年齢でチェック

性別と経験年数と年齢の平均年収をチェックしましょう。

経験年数別薬剤師年収(女性)
経験年数別薬剤師年収(男性)

上記であれば、年齢は5歳おきに、経験年数は 0年、1~4年、5~9年、10~14年、15年以上の場合で平均年収が出ているので自分の年収と比較してみましょう。

ただし、サンプル数が少ない部分もあるので、その場合は周辺の年収平均も見ておくと良いでしょう。

2.経験年数と年齢でチェック

都道府県でチェック。都道府県によって年収に大きく違いがあるのが薬剤師という職業です。都道府県での年収平均もチェックしておく必要があります。

都道府県別の薬剤師年収

3.企業規模でチェック

企業規模、従業員数によっても、年収の相場は変わってきます。

企業規模別の薬剤師年収

上記では、男女別で、10名~99名、100名~999名、1000名以上の3つにわけて平均年収を知ることができます。

完全に一致するデータはないため、上記の3つの情報を組み合わせて、自身の年収が平均年収に比べて、あまり変わらないのか、少ないのか、多いのか、把握する必要があります。

平均年収に比べて年収が低けてば、転宿しても年収が増える可能性が高いですが、相場に比べて年収が高いのであれば、さらに年収アップができる転職先を見つけるのは難しくなります。