不採用になる薬剤師の特徴

不採用になりやすい薬剤師にも共通点があります。ここではこうならないように不採用になってしまう薬剤師の特徴を解説します。

外見や第一印象が暗い

採用で重視されるのは、明るさです。明るければ、そのままコミュニケーション力につながり、患者さんとも、職場の人とも、良好な関係を築くことができるからです。

事前に何も調べていない

採用する会社のことについて、何も知らない。まったく的を得ない質問をしてしまう方は面接で採用されない可能性が高くなってしまいます。

面接で自分の都合ばかり話す

面接で自分の希望条件のことばかり話したり、待遇にしか興味がない人は面接の印象は悪くなってしまいます。

前の会社の悪口を言う

前の会社や同僚の悪口や愚痴を言ってしまう人は面接は通りにくくなります。なぜなら、転職したとしても同じように同僚の悪口や会社の悪口をほかの人に言うのだろう。と思われてしまうからです。

礼儀ができていない

ドアを明ける前にノックをする、上座を把握している、面接の時は立ってまっている、など基本的な礼儀ができていない人はその段階で面接通過が難しくなります。

上記に挙げたように、そんなこと普通できるでしょと思うかもしれませんが、ほとんどの方がこのポイントで面接が通過できず不採用になるのです。自分は出来ていると思いすぎずに今一度確認してみましょう。