転職後3ヶ月が勝負

薬剤師の方が転職する場合にも、一般の方と同様に転職後3ヶ月が勝負と言えます。ここで上手にとけ込めないと、そのあとの人間関係の構築が難しくなってしまうからです。

3ヶ月で勝負する理由

人は、第一印象を引きずってしまいます。子供同士でも、職場でも、夫婦関係でも、同じですが「はじめが肝心」なのです。

  • はじめに「人あたりのいい人」と思われるか、「感じの悪い人」と思われるか
  • はじめに「仕事をてきぱきと出来る人」と思われるか、「使えない人」と思われるか
  • はじめに「礼儀がなっていない人」と思われるか、「失礼な人」と思われるか

で、その職場でのポジション、立ち位置が決まってしまうため、その後の働きやすさが断然に違ってくるのです。

重要なのは、どれもバランスよくアピールする必要があるということ

失敗しやすいのは、「仕事はできるけど、感じの悪い人」などになってしまえば、人間関係としては円滑にできませんし、「感じはいいけど、仕事ができない人」になってしまえば、馬鹿にされてしまうのです。

つまり、バランスよく、80点を狙って、転職後の3ヶ月を乗り切ると、そのあとの職場での立ち位置というのは良いポジションを保てるので、定着しやすくなるのです。

常に下手にでながら、さりげなく仕事ができることをアピールするのが重要と言えるでしょう。