在宅療養支援薬剤師

日本在宅薬学会認定薬剤師とはどんな資格でしょうか?ここでは、日本在宅薬学会認定薬剤師について解説します。

日本在宅薬学会認定薬剤師とは

日本在宅薬学会認定薬剤師とは、一般社団法人日本在宅薬学会が作った認定薬剤師の資格。在宅、居住系施設で療養している要介護高齢者の方の薬物治療、がん患者さんへの専門性を生かした医療を実現するために設立された資格である。今後、高齢者が急増する中で、老人ホームや在宅での介護が増えてくる中で、重要が増えてくるとされている。

日本在宅薬学会認定薬剤師になる基準

  • 日本在宅薬学会会員であること
  • 薬剤師認定制度認証機構により認定された生涯研修認定制度による認定薬剤師であること
  • 薬剤師免許を有する方で3年間以上の薬剤師実務経験者であること
  • 日本在宅薬学会指定の単位35単位、実習研修5単位。計40単位を3年以内に取得すること

日本在宅薬学会認定薬剤師になる方法

  • 取得申請をする
  • 単位を取得する。日本在宅薬学会指定の単位35単位、実習研修5単位。計40単位を3年以内に取得
  • 試験を受ける
  • 書類審査と試験の結果により合否判定”