妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師とはどんな資格でしょうか?ここでは、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師について解説します。

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師とは

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師とは、日本病院薬剤師会が作った資格制度。妊娠・授乳期における薬物療法の深い知識とスキル、倫理観を併せ持ち、母子ともに安全かつ適切な薬物療法を実行することが目的になっている。

妊娠・授乳期の母体の生理的な変化と特性、医薬品の薬理作用、体内動態、生殖発生毒性の知識を持ち、情報評価をしながら、医師や医療従事者、患者さんに提案できることを認定する資格。服薬カウンセリングを実施し、過剰な不安から胎児の命や乳児の健康に配慮しながらも、薬物療法をやめる必要がないように妊娠・授乳婦の薬学的支援ができることが求められている。

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師になる基準

  • 日本国の薬剤師免許を持っていること
  • 薬剤師としての実務経験が5年以上あること
  • 日本病院薬剤師会あるいは日本薬剤師会の会員であること
  • 別に定める学会のいずれかの会員であること
  • 日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師、日本医療薬学会認定薬剤師、薬剤師認定制度認証機構により認証された生涯研修認定制度による認定薬剤師、あるいは日本臨床薬理学会認定薬剤師であること
  • 病院または診療所に勤務し、妊婦・授乳婦の薬剤指導に3年以上従事していること
  • 日本病院薬剤師会が認定する研修施設で「模擬妊婦・模擬授乳婦とのロールプレイ」を含めたカウンセリング技術等や、情報評価スキルの確認トレーニング等の実技研修を40時間以上履修していること、または研修施設において3年以上、妊婦・授乳婦の薬剤指導に従事していること
  • 日本病院薬剤師会が認定する妊婦・授乳婦領域の講習会、及び別に定める学会が主催する妊婦・授乳婦領域の講習会などを所定の単位(20時間、10単位)以上履修していること
  • 妊婦・授乳婦の薬剤指導実績が30症例以上(複数の疾患)を満たしていること。
  • 病院長あるいは施設長等の推薦があること。
  • 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師認定試験に合格していること

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師になる方法

  • 日本病院薬剤師会が認定するる妊婦・授乳婦領域の講習会などを20時間、10単位以上受ける
  • 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師認定試験に合格する
  • 申請する