感染制御認定薬剤師

感染制御認定薬剤師とはどんな資格でしょうか?ここでは、感染制御認定薬剤師について解説します。

感染制御認定薬剤師とは

感染制御認定薬剤師とは、日本病院薬剤師会が作った資格制度。感染制御に必要な消毒薬、微生物、耐性菌、感染症治療等に使用される医薬品の薬理作用、体内動態等に関する知識を持ち、エビデンスに基づいた感染対策を理解し、医師への正しい情報提供ができることが求められている。

また患者の感染症治療等を支援し、薬学的管理をしたり、院内感染対策チーム等の一員として院内感染防止対策に貢献することなどが実現できる。

感染制御認定薬剤師になる基準

  • 日本国の薬剤師免許を持っていること
  • 薬剤師としての実務経験が5年以上あること
  • 日本病院薬剤師会あるいは日本薬剤師会の会員であること
  • 別に定める学会のいずれかの会員であること
  • 日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師、日本医療薬学会認定薬剤師、薬剤師認定制度認証機構により認証された生涯研修認定制度による認定薬剤師、あるいは日本臨床薬理学会認定薬剤師であること
  • 3年以上、施設内の感染対策委員会または院内感染対策チームの一員として感染制御活動を行っていること
  • または、3年以上、がん薬物療法に従事していること
  • 日本病院薬剤師会が認定する感染制御領域の講習会、及び別に定める学会が主催する感染制御領域の講習会などを所定の単位(20時間、10単位)以上履修していること。
  • 感染制御に貢献した業務内容及び薬剤師としての薬学的介入により実施した対策の内容を20例以上報告できること
  • 病院長あるいは施設長等の推薦があること。
  • 感染制御認定薬剤師認定試験に合格していること

感染制御認定薬剤師になる方法

  • 日本病院薬剤師会が認定する感染制御領域の講習会などを20時間、10単位以上受ける
  • 感染制御認定薬剤師認定試験に合格する
  • 申請する