留学で薬剤師の転職は有利に

薬剤師の資格を持って、海外留学した人には、その経験を生かしたキャリアアップの方法があります。留学後の転職で有利に雇用条件を上げることも可能なのです。

英語力がある薬剤師が活躍できる仕事

製薬メーカー

外資系に限らず大手の製薬メーカーは、世界的な商社や企業とビジネスを行っています。素材の調達から、研究開発、海外の製薬メーカーとの提携など、挙げていけばキリがないほど、ビジネスシーンで英語力とコミュニケーション力が必要になるのです。海外留学しているだけの人は数多くいるのですが、英語力と薬剤師の資格を兼ね備えている人材はあまり多くありません。製薬メーカーで留学経験を生かせる求人というのも好条件であるのです。

病院

大規模な病院であれば、海外の最先端の医療情報を現場に活かす取り組みをしているところは非常に多いのです。通常の病院薬剤師として、薬剤管理や服薬指導をするだけではなかく、海外機関との連携や英語の資料の認識など、活躍できる場が多く用意されています。

薬局

規模の大きい薬局であれば、英語力のある薬剤師は重宝されます。今や日本にも、多くの外国人が生活しています。その数は今後も増えていくものと思われています。外国人が薬局や病院に来ることも珍しくありません。学校で習う英語での服薬指導とは、違いスムーズにコミュニケーションがとれるため重宝されるのです。

その他

マスコミ、出版・・・医療系雑誌や情報の翻訳を請け負う仕事
大手ドラッグストア・・・海外で受け入れる商品の選別や開発など