薬剤師服薬指導での注意点

薬剤師の場合、患者さんとの接点は服薬指導になるケースが多くあります。この服薬指導のスキルこそ、多くの薬剤師に必要されるスキルであり、今後はこのスキルのレベルで年収の差が出てくることも珍しくなくなるかもしれません。

医療をする医師との棲み分けが重要

患者さんの病気を診察して治療するのは、医師の仕事です。そのため、薬の専門家である薬剤師の方が行う服薬指導と医療の専門家である医師の方が行う服薬指導でも、違いがあるのです。

例えば、医師であればインフォームドコンセントの中で、薬のリスクを患者さんに丁寧に説明することが求められます。それは、医師が病気の状態や治療までの経緯、治療環境まで把握しているからこそ、できることであり、薬剤師の服薬指導で、仮に薬のリスクを強めに患者さんに話してしまったら、不安を増大させることはもちろん。場合によっては担当医と言っていることが違う医師と患者さんの信頼関係を壊してしまう可能性すらあるのです。

薬剤師の服薬指導で重要なのは、自覚症状として現れやすい副作用の的確な説明や副作用が出た場合の連絡の重要性、適切な服薬方法の説明など、治療を手助けし、万が一の時の対処法もしっかりと伝えるということです。

薬剤師の方は、医師の気持ちや患者さんの気持ち、を汲み取る能力が需要なのです。

服薬指導で重要なコミュニケーションスキル

基本的なことですが、下記のようなコミュニケーションスキルを持っていれば、患者さんの不安も解消し、説得力のある服薬指導ができるようになります。

  • 挨拶を自分から行う
  • 声は大きめで、聞き取りやすいスピードで話す
  • 顔を上げて、周囲を観察し、声のかけやすい状態をつくる
  • 話すときは目を見て話す
  • 話す抑揚や表情、口調などをときと場合に使い分ける
  • 患者さんの顔色を伺い、不安や理解不足などのアラートをキャッチする