薬剤師は飽和状態ですか?

質問

薬剤師が飽和してくるというニュースを見ましたが、今現在薬剤師は飽和しているのでしょうか?

回答

いいえ、薬剤師は飽和していません。

現実に、薬剤師の転職市場は薬剤師の方の売り手市場が続いています。

ただし、薬学部の4年制から6年制に至る空白期間は終わったため、超売り手市場という状況は脱してきています。また、将来的に飽和状態に近づいていくのではないかとメディアや学会などでは言われています。

しかし冷静に考えてみると、日本の高齢化社会は年々進行し、薬を常用する高齢者が増えていくこと、病院薬剤師や在宅介護での服薬指導など薬剤師の活躍の場が増えていくこと、という市場拡大のプラス材料もあるのです。

ゆるやかに売り手市場は弱まりますが、やるべき業務が増えてくるため、転職市場なども一般のサラリーマンの転職と同様に、能力や専門性のある薬剤師の方が重宝され、そうでない人との格差がでてくるようになると思われます。

よりスキルアップ、専門性を高めることが年収UPと安定した就職につながるのではないでしょうか。