調剤経験がない薬剤師の転職

調剤経験がない薬剤師でも転職することはできるのでしょうか?

調剤薬局への転職を考える薬剤師も多い

企業でのMRや研究職、CRCなどで働いてきた薬剤師の方が、定時に帰れる仕事や地方でも求人の多い仕事を重視して、調剤薬局への転職を希望する方も多いのです。

MRなどは、営業職の苦労もあり、給料も歩合の部分が大きくなるため、安定した薬局勤務を考えるようです。

では、実際に調剤経験がなくても、調剤薬局へ転職できるの?

できます。

実は、調剤経験がないことがマイナスの評価というわけではないのです。

採用する企業側の視点に立ってみると

  • 「調剤経験のないMRをしていた薬剤師の方が、調剤勤務だけをしてきた薬剤師よりも、お客様対応が丁寧で礼儀を心得ている。」
  • 「調剤経験のないMRをしていた薬剤師の方が、調剤勤務だけをしてきた薬剤師よりも、売上や数字に対する意識が高い。」
  • 「職場に一人経歴の違う人がいるだけで、上記のような意識を他の薬剤師に伝達してくれる」
  • 「他の職場での癖がついていない」
  • 「新しい視点でのサービスや対応方法などを考えてくれるかもしれない。」

といういろいろプラスのメリットがあるのです。

もちろん、即戦力だけを採用したいという調剤薬局では、書類選考が通らない可能性もありますが、大多数は上記のような理由で、調剤経験がないことがプラスに考えてくれるのです。

調剤経験未経験の方が、調剤薬局への転職を考えているのであれば、上記のような採用側の意向に乗っかった志望動機を話せば良いのです。

調剤経験がないことは見方によってはメリットであることを認識することが重要です。