調剤薬局の薬剤師に転職

調剤薬局の薬剤師は、これからの超高齢化社会の中で非常に重要視されている職業でもあります。調剤薬局での薬剤師として働きたいという方もいるのではないでしょうか。ここれでは調剤薬局の薬剤師について解説します。

調剤薬局の薬剤師に求められること

調剤薬局の薬剤師は、病院から処方される薬を渡すだけではありません。今後、複数の病院を利用する方も増えてくるため、「かかりつけの薬剤師」という役割がどんどん重要になってきます。患者さんの健康管理を代行するコンサルタントとも呼べるでしょう。患者の体質や服用記録を管理しつつ、状態をヒアリングした上で、薬の内容と使い方をきちんとレクチャーする役割になります。

調剤薬局の薬剤師の仕事

  • 処方箋の受付
  • 薬歴の管理
  • 服薬指導
  • 保険点数の計算
  • 副作用の回避

などになります。特に以前から調剤薬局の薬剤師の仕事が変わってきているわけではありませんが、内容や方法が進化していっています。例えば、服薬指導でiPadを使いながら、老人の方にもよりわかりやすく伝えることも出てくるかもしれません。また、患者さんの取り合いになることもあります。そんな中では「顧客対応」のレベルが高い必要が出てくるのです。この能力が高ければ今後も、仕事で困ることはないでしょう。

調剤薬局の薬剤師の年収・給料

調剤薬局の薬剤師の年収や給料は平均400万円~600万円といわれています。薬剤師全体の給料が平均500万円であることを考えると平均ラインといえるでしょう。企業である製薬会社やドラッグストアの薬剤師の方に比べるとやや低めの年収ですが、逆に長時間の残業などはない方が多いです。また、服役指導など薬剤師としての基本スキルをアップさせることもできるため、将来の年収増に向けて実務経験を積むことも可能です。

また従業員の監督や医薬品等の管理をする管理薬剤師になることができれば、年収で600万円~800万円レベルまで見えてきます。薬剤師としての実務経験を積みながら、スキルアップし、安定した収入を得たい方に向いているといえるでしょう。