紹介予定派遣で転職

薬剤師の世界でも、紹介予定派遣というものが注目されています。これは文字通り派遣社員として一定期間働いて、その派遣期間が終わるとお互いに同意すると正社員、常勤として働く制度です。

紹介予定派遣のメリット

紹介予定派遣の最大のメリットは、実際に働いてから入職をジャッジすることができることです。一般的なサラリーマン以上に小さなユニットで働くことが多い薬剤師の場合、給料などの雇用条件以上に職場環境、人間関係がうまくいくかどうかが転職成功の最大のポイントと言っていいでしょう。

次のメリットは、紹介予定派遣というのは1か月から最大でも半年ぐらいの期間を契約社員として働くことになります。その期間終了後、企業側と条件交渉などをした上で正規雇用になるか決めるという方法です。先に正規雇用で入る場合は、企業側も能力が面接の情報でしかわかならい状態で雇用条件や年収を決めるのです。しかし、紹介予定派遣の場合は、企業側としても能力を把握した上で雇用条件の交渉に臨むことが可能です。

能力に自信がある薬剤師の方は、派遣期間で実力を見せることで高い年収を引き出すこともできるのです。入ってから年収を上げることよりは、かなり現実的な年収アップ方法と言えるでしょう。

最後に、正規雇用で何度も転職してしまうと、その後の転職活動がしにくくなります。しかし、派遣社員で辞めるのであれば、非常勤としての雇用なので転職数は、転職活動に影響しにくいのです。

紹介予定派遣のデメリット

派遣期間で企業側が求める能力とかい離があった場合、正規雇用にならない場合があることです。