製薬会社の薬剤師に転職

製薬会社の薬剤師は、大きく分けて、新薬開発の仕事と、MRと呼ばれる医師への自社の製薬の情報提供の2つがあります。2つの仕事は大きく仕事内容が違うため把握しておきましょう。

新薬の開発担当者の仕事

製薬会社の薬剤師は、新薬開発の開発担当者の仕事があります。おもに臨床試験、治験の統括になり、新しい製薬を開発する前の安全性や有効性の確認を管理することです。治験は製薬会社で行うことはなく、大学病院や国立病院など大規模な病院で実施し、臨床データを取る形になります。この際に病院の医師とのパイプを作り、臨床試験をスムーズに行うようにするのが主な仕事です。ここで取得された臨床データをまとめあげ、研究所にフォードバックします。そのデータから厚生労働省への申請資料が作られ、新薬が認可されることになるのです。

新薬の研究所での創薬

製薬会社の数ある業務の中でも花形と言っていいのが、この創薬の仕事です。研究開発により新しい薬をつくりだすため、やりがいもある仕事ですが、製薬会社でも狭き門の仕事です。研究開発の担当者になるためには、有名大学の大学院で研究を専攻し、かつ実績を残してきた方というのがほとんどであるため、限られた職業であると考えましょう。

MRの仕事

MRとは、医薬情報担当者と呼ばれ、自社の製薬(医療用医薬品)の情報を医師に伝達し、医薬品の品質、有効性、安全性などに関する情報の提供、副作用情報の收集が主な業務になります。本質的には製薬会社の病院に対する営業マンという位置づけであり、海外での処方例の紹介や新薬の宣伝活動を行い、自社の製薬の売上を上げることが役割になってきます。日本全国で6万人ほどいるといわれているMRのうち1割の約6000人が薬剤師MRである。薬剤師MRは当然ながら、一般職のMRと比べて知識量が多く、医師との信頼関係が気づきやすい反面、営業的な仕事への向き不向きがでてくることもある。年収も、営業のように成績によって大きく変わってくる。MRで成績が高ければ年収1000万円を超えることも難しくない。平均年収は調剤薬局や病院に比べて100万~200万ほど高い。営業的な仕事に興味があり、年収を高く上げたいと考えている方に向いている職業です。