学校の薬剤師に転職

学校の薬剤師とはいったいどんな仕事をするところなのでしょうか?学校の薬剤師について解説します。

学校の薬剤師とは

学校の薬剤師というのは、幼稚園・小学校・中学校・高等学校・高等専門学校・盲学校・聾学校・養護学校に至るまで、大学を除く国立・公立・私立の学校すべてで働く可能性のある薬剤師です。学校保健・教育の推進が主な役割になっいて、公立学校の場合は、地方公務員法の規定に基づく地方公務員特別職となります。つまり、公務員です。公務員でかつ就業時間がハードでないため、子供好きの方や地方で安定した職業につきたい方に人気があります。

学校の薬剤師の仕事

  • 学校の保険計画、安全計画の立案
  • 学校の環境衛生検査
  • 学校の環境衛生の維持、改善へのアドバイス
  • 学校の児童の健康相談
  • 学校の児童への保健指導
  • 学校の医薬品、毒物、劇物並びに保健管理に必要な用具及び材料の管理に関し必要な指導及び助言

学校の薬剤師の年収

学校の年収は平均レベルの500万円前後が相場。残業などがハードでなく、大勢の子供達と接することができる、公務員としての安定性、など年収以外では魅力のある職種になっていて、最近では人気のある職種になってきている。学校薬剤師の転職の際は、募集案件自体が少ないため、学校薬剤師の案件の掲載数の多いところに登録することが賢い方法である。