派遣薬剤師のメリット

派遣と聞いて、一般の人であれば、不安定な仕事というイメージがありますが、こと薬剤師に限っては派遣薬剤師というのもいろいろなメリットがあるのです。

派遣薬剤師とは

派遣薬剤師とは、薬局のニーズに合わせて、短期間やスポットでの勤務をする働き方をする薬剤師のことです。

派遣薬剤師には

  • 「週に数日だけ働く定期型派遣」
  • 「不定期に単発で働くスポット派遣」
  • 「出張して働く出張派遣」

などの種類があります。

派遣薬剤師のメリット

自分の都合に合わせて就業時間、就業日を決められる

派遣の薬剤師の場合は休みを自由に取りやすいので、長期の海外旅行に行くことも可能ですし、本業の薬剤師と別に休暇を利用してスポットで働き収入を増やすこともできます。また、子供がいても、保育園の都合などによっても、働く日を選ぶことができます。

人間関係にとらわれなくて済む

派遣薬剤師は、長くても、正社員でないため職場の人間関係に悩まされずに済みます。正社員であれば、小さなコミュニティの中で同じ同僚と長年付き合っていく必要がありますが、派遣薬剤師の場合は仕事さえできればOKです。煩わしい人間関係を保つ努力は必要ないのです。

時給はパートよりも高い

薬剤師は現状売り手市場のため、地方などでは特に人手不足です。そのため、時給も高めに設定されているのです。

薬剤師だから、派遣先も決まりやすい

一般の派遣社員は、一時期もてはやされていましたが、今では募集も少なく、派遣の仕事がなくなってしまったのです。しかし、薬剤師の場合は、資格があるため現状は派遣先を探すのに苦労しないで済むのです。

派遣薬剤師にはスキルが必要

とはいえ、派遣の薬剤師の場合は、常に即戦力である必要があります。何もできないようでは、派遣契約もすぐに終了してしまいます。自分のスキルを高めて、比較的自由に働きたい方におすすめの働き方と言えるでしょう。