行政機関の薬剤師に転職

薬剤師の方の転職先には行政機関という選択肢もあるのです。では、行政機関とはどういったところで、どんな仕事があるのでしょうか。

保健所の薬剤師

保健所で、国民の健康維持のための情報を与える仕事になりいます。薬物乱用の防止や医薬品の不正利用の管理、薬物の製造の許可や監視、薬物の販売に関する許可や監視などになります。また、保健に関する健康維持の情報の統計データを取得したり、調査をしたりなどもします。やりがいがある分、募集枠の少ない仕事と言えるでしょう。

メーカー研究所の薬剤師

化粧品やその他のメーカーなど研究部門に配属されるイメージです。科学者として、商品開発、新しい成分の研究などが主な仕事になります。

薬事情報センターの薬剤師

各都道府県に設置されている薬事情報センターの職員として、薬に関する情報を提供する仕事です。一般の方への情報提供の仕事が多く、幅広い専門知識と迅速な対応力が必要になります。

麻薬取締官の薬剤師

麻薬取締官は、厚生労働省所属の国家公務員になります。麻薬などの流通ルートの解明が主な仕事になり、捜査員としては警察のような業務も必要になるのです。