ドラッグストアの薬剤師に転職

ドラッグストアの薬剤師は、ドラッグストアでOTC医薬品を販売する仕事がメインになります。ドラッグストアはチェーン展開しているところも多く、薬局と違って昇格するポストも多い職種になっています。

ドラッグストアの薬剤師の仕事

主な業務はドラッグストアでOTC医薬品を販売する仕事になります。医薬品の陳列やレジ打ちなど、備品の整理や清掃なども業務の範囲なります。ドラッグストアにも、一般医薬品のみを扱っているところから、調剤薬局を併設し処方箋による調剤を受け付けているものまで、様々な形態があるため一概には言えませんが、スーパーに勤めている仕事と近いものがあります。もちろん、雑用などもあるため、敬遠される薬剤師の方もいる反面、薬局でこもっているよりも、活気がありお客さんとのコミュニケーションもラフに取れることがあっているという薬剤師の方もいます。また、薬局など少人数のため、役職の昇格するポストがなかなか空かないところに比べて、大規模チェーン店が多いため、能力次第で出世コースにのることも可能です。

ドラッグストアの薬剤師の年収

ドラッグストアの薬剤師の年収は、400万円~700万円といわれていて、やや調剤薬局の薬剤師よりも高いレベルにあります。ただし、店長クラス、部長クラスと役職がついた薬剤師とそうでない一般の薬剤師には年収格差が大きく、平均年収はドラッグストアの方が調剤薬局よりも高いけれど、一般の薬剤師であれば、ドラッグストアよりも調剤薬局の方が年収が高い場合が多いです。その分、昇格のチャンスは多く、昇格できれば700万レベルに一気にステップアップができる点が魅力とも言えます。人と接したり、商品を販売したり、活気のある店舗で仕事をすることが好きな方に向いている職種と言えるでしょう。