CRO・SMOの薬剤師に転職

医薬品業界の中でも比較的新しいビジネスモデルとして誕生したのがCRO・SMOといった治験に関連するビジネスモデルである。CROとは、医薬品開発業務受託機関と呼ばれ、SMOは治験施設支援機関と呼ばれ、簡単に言えば、医薬品開発の工程で臨床試験データを取るために行う治験の支援をする企業である。CROは治験の際の製薬会社向けの支援、SMOは治験の実施する病院の支援と分けられる。

CROの薬剤師の仕事

製薬会社向けの治験支援企業であるCROでの薬剤師の仕事は、製薬企業と医療施設と患者の3者の間に立ってコミュニケーションを円滑にし、治験を滞りなく完了させることが大きな役割になる。実際の業務としては、治験が正しく行われているか、進行しているかを確認する「モニタリング業務」と治験で取得された臨床試験のデータを入力、管理、解析しながら提出用レポートを完成させる「データマネジメント業務」に分けられる。

SMOの薬剤師の仕事

治験実施施設(病院)向けの治験支援企業であるSMOの業務では、病院側の支援として治験進行の管理、記録や報告書の作成、患者への事前説明などを行う。治験コーディネーターと呼ばれ、治験を受ける患者さんの不安を払拭したり、契約事項を説明したり、コミュニケーション能力が重要と言われている。

CRO・SMOの将来性

CROも、SMOも、登場してきたのは1997年の厚生労働省が取り決めた治験に関するルール「GCP」によって、役割の定義が明確化されてきてからである。そのため、まだまだ未発展の業界ではあるが、新薬の開発などのニーズは年々高まってきており、企業規模も拡大している企業が多い。そのため、薬剤師としてCRO・SMOで実績を積めば、出世するキャリアアップも見えてくることだろう。新しい業界にチャレンジしたい方に向いている。