CRA(臨床開発モニター)の薬剤師に転職

近年、高齢化社会が進んでいく中、日本で数少ない成長市場と見込まれる、高齢者向けの薬に目をつけて医薬品の開発をする企業が増え、どんどん医薬品開発の受託機関であるCRO業界が発展してきています。同時に治験で臨床開発のモニタリングを行うCRAの採用企業も増えているのです。

CRA(臨床開発モニター)の薬剤師の仕事

CRAの仕事は、CRO(医薬品開発業務受託機関)に依頼された治験支援業務を遂行する担当者のこと。新薬の開発を行う製薬メーカーと提携し、臨床開発のモニタリングを行います。臨床開発試験の治験契約やモニタリング業務、症例報告書のチェック、治験終了後の手続き、などの治験に関するさまざまな業務を遂行することになります。全国各地の治験施設に出張することが多いため、研修が終われば支給されたノートパソコンを持ち、直行直帰をする形の勤務体系になることが一般的です。

CRA(臨床開発モニター)の薬剤師のメリット

将来性の高い市場であり、今後の昇給などが見込めることが大きなメリットと言えるでしょう。薬剤師の方の年収は、一般的なサラリーマンよりも高いですが、年数が経過しても、経験を積んでも、急激に年収が上がることはほとんどありません。昇給率が非常に低い職業なのです。これは調剤薬局であれば、空いているポストが少ないことから起きる問題ですが、CROに勤めた場合には、何人ものCRAが勤務しているため、リーダーやマネージャー、部長などのポストが多かったり、将来的な製薬メーカーへのキャリアパスが描けたりと、自身の価値を上げることが可能なのです。

また、新しい新薬開発に携わることが、調剤薬局では描けなかったやりがいを感じるという方も多いようです。

基本的に土日休みで出張は多いとは言え、サラリーマンのように働くことのできるCRAは薬剤師の方にも人気のある働き方になっています。