病院の薬剤師に転職

病院の薬剤師は、以前までは外来患者への服役指導や調剤などが仕事でしたが、最近では入院患者をフォローするための仕事にシフトしてきています。今後も、調剤に加えて入院患者へのケアが重要な役割になってくるでしょう。

病院の薬剤師に求められること

病院の薬剤師は、調剤や製剤という仕事と、医薬品の管理という仕事と、入院患者への服役指導などのケアという3つの大きな仕事の柱があります。しかし、これからさらに高齢化社会が加速し、入院患者が増えてくる状況では、医薬分業がさらに促進し、病棟での仕事の重要性がより多くなると考えられています。入院患者とのコミュニケーションは、外来患者に比べても、回数も多くなるため、不安を払拭することなども含めた関わり方が重要になってきます。これからの病院薬剤師にはこのコミュニケーションすきるによって、入院患者との信頼関係を築くことがもとめられています。

病院の薬剤師の仕事

  • 調剤業務
  • 製剤業務
  • 飲み合わせ、副作用の管理
  • 患者さんの薬歴管理
  • 服薬説明
  • 医薬品管理
  • 医師・看護師への情報提供

などになります。患者さんのための薬歴管理や服薬説明、医師・看護師への情報提供、医薬品の在庫管理、保管、納入管理など、業務は多岐にわたり、責任も大きくなっています。

病院の薬剤師の年収・給料

病院の薬剤師の年収や給料は平均400万円~600万円といわれています。薬剤師全体の給料が平均500万円であることを考えると平均ラインといえるでしょう。企業である製薬会社やドラッグストアの薬剤師の方に比べるとやや低めの年収ですが、多岐にわたる仕事であること、責任が大きい仕事であることから、スキルアップは調剤薬局以上にできるでしょう。また、入院患者さんとの信頼関係の構築や、医師・看護師とのパートナーシップなど、やりがいという点で魅力のある仕事と言えます。また、経営的に安定しているため長期間働ける仕事としても人気があります。ただし、病院によって待遇に大きく差があるため、病院選びも重要になってきます。