年齢別薬剤師年収相場

薬剤師の年齢別の年収相場はどうなっているのでしょうか。ここでは厚生労働省の調査データを紹介します。自分の年齢での年収と比較してみて、今の年収が低い場合は転職を検討してみるのも良いでしょう。

年齢別薬剤師年収の相場

男性の年齢別薬剤師年収

  • 全体 522万円
  • 20~24歳 292万円
  • 25~29歳 410万円
  • 30~34歳 457万円
  • 35~39歳 621万円
  • 40~44歳 594万円
  • 45~49歳 671万円
  • 50~54歳 766万円
  • 55~59歳 635万円
  • 60~64歳 643万円
  • 65~69歳 399万円
  • 70歳~ 346万円

女性の年齢別薬剤師年収

  • 全体 480万円
  • 20~24歳 306万円
  • 25~29歳 383万円
  • 30~34歳 439万円
  • 35~39歳 506万円
  • 40~44歳 551万円
  • 45~49歳 442万円
  • 50~54歳 587万円
  • 55~59歳 614万円
  • 60~64歳 631万円
  • 65~69歳 517万円
  • 70歳~ 377万円

厚生労働省「賃金構造基本統計調査 2013年

年齢別の薬剤師年収は、ご自身の年収と比較してどうでしたでしょうか?

20代のうちの自分の年収と平均年収に差がある薬局や病院に勤めている場合は、年齢を重ねてもその差は縮まらず、大きくなってしまう可能性があります。

年収の高さを目的とするのであれば、できるだけ早い段階でベースの年収が高い薬局や病院に転職することをおすすめします。