経験年数別の薬剤師年収(女性)

女性の経験年数別の薬剤師の平均年収はどのようになっているのでしょうか?厚生労働省のデータを参考に解説します。

経験年数別の薬剤師年収(女性)


出典:賃金構造基本統計調査

  • 一番平均年収が高いのは45歳~49歳の15年以上
  • 男性よりは、経験年数に比例するケースが多い
  • 1年目~4年目で平均110万ほどUP

女性薬剤師の平均年収は、経験年数15年以上で45歳~49歳が577万円と一番高い結果に。全体的には男性とは違い、経験年数に応じて平均年収が増加する傾向にある。しかし、35歳~39歳、40歳~44歳の場合は、5年~9年よりも、1年~4年の経験年数の方が平均年収が高いという逆転現象も起きている。これは40歳近辺でもスキルがあれば高い年収を得られる、一方、全体的には経験年数に応じて平均年収が上がるという2極化が起きていると言えるだろう。男性にもいえることだが、女性の薬剤師の場合は、長くいて経験年数を上げるか、40歳までにスキルを積んで転職するか、が給料アップのポイントである