在職中の転職活動は可能

就業していても、転職活動を行うことは可能です。働きながら転職活動をするのは時間的に制限を受けるのは間違えありませんが、その分、じっくり条件の良い転職先を探せるという大きなメリットもあるのです。

在職中の転職活動の注意点

週一回の休日に面接を集中して入れる

薬剤師転職サイトのキャリアコンサルタントに相談すれば、在職中であり、あまり転職活動の時間が取れないことは理解してくれます。そのため、依頼すれば週一回の休みが取れる日に面接を集中していれてもらうことも可能です。

希望条件よりも高めの条件で応募先を減らす

在職しているのであれば、焦って転職先を探す必要はありません。希望条件で検索してしまうと魅力的な転職先が多く出てきてしまう場合は、思い切ってさらに希望条件を引き上げましょう。週一回、面接最大3件ぐらいのペースが精一杯のペースと言えるでしょう。

履歴書はパソコンで。テンプレートを用意

手書きの方が誠意が伝えわるとも言われている履歴書や職務経歴書ですが、最近ではあまり関係なく、それよりもそこに書かれている情報の方が重要なのです。時間がない中で、毎回手書きで履歴書を書いている暇はありません。割り切って、ワードやエクセルで書いて、印刷すればすぐに履歴書ができるようにしておきましょう。テンプレート化しておけば、気づいたことがあれば修正することが可能なので、面接を重ねるたびにブラッシュアップされていきます。

キャリアコンサルタントから転職先の特徴を聞き出す

時間がないときは、キャリアコンサルタントをフル活用しなければなりません。特に質疑応答やどういったことを聞かれるのか、会社の概要、どういう人材を希望しているのか、などの情報は時間があればサイトを見て分析することもできますが、一番早いのはキャリアコンサルタントに聞くことです。面接のたびに詳しく聞くようにしましょう。
転職先との給料交渉

転職先の企業と面接で良い感じになって、雇用条件が提示された場合、そこからの給料アップ交渉は可能なのでしょうか?ここでは給料交渉のポイントをお教えします。