薬剤師は地方の方が給料が高い

薬剤師は地方の方が給料が高い?そんなことがあるのでしょうか。薬剤師の方の地方への転職について解説します。

薬剤師の平均給料を見てみると

  • 1位は山口県は691万円
  • 2位は秋田県は634万円
  • 3位は鳥取県で633万円

とやはり地方がトップ3を占める結果になりました。

では、東京・大阪は

  • 東京は507万円
  • 大阪は492万円

と中位近辺という結果です。

なぜ、こんな結果が出ているのでしょうか?これにはもちろん理由があります。

都会では、薬局の地代家賃が高いのです。特に病院の近くに開業する場合は、駅の近くなど好立地なところが多く、そのため家賃だけで、地方と都会では3倍以上の開きがあるのではないでしょうか?その分、家賃で浮いた金額を人件費に当てることができる地方の薬局の方が薬剤師へ高い給料を出せるのです。

都会にどうしても住みたい方でなければ地方の薬局に転職するという選択肢も賢い方法のひとつといえます。