働きながら転職活動をするメリット

よく働きながら転職活動をしようと思ったが、うまく転職活動の時間が取れないため、一度退職してからじっくり転職活動をしようと考えている。という方がいるのですが、あまりおすすめできる方法ではありません。それは働きながら転職活動をするメリットがあるからなのです。

働きながら転職活動をするメリット

焦らずに条件の良い転職先を見つけられるのは大きなメリット

仮に貯金が多かったとしても、収入がない状態が続くという精神状態でいた場合に、あなたは希望条件よりも条件の悪い職場の内定をいきなり断ることはできるでしょうか?

1ヶ月内定がもらえなかったら、自分の希望していた条件を妥協してしまうことはありませんでしょうか?

そうなんです。どんな人間であれ、どんなに貯金があっても、大抵の方は職に就いていないと不安に感じてしまい、自ら条件を引き下げてしまうことや間違った転職先を選んでしまうことがあるのです。

中には、辞めてから転職活動をしてしまったことで、転職前よりも条件が悪くなっているという方も多いのです。

これは薬剤師のデータではありませんが、リクルートエージェント社によれば、66.6%の方が、転職して年収に成功していると言っています。しかし、逆に言えば3人に1人は転職して年収が下がっているのです。焦らずに転職先をじっくり選べるというのは、はじめに決めた希望条件で転職するためには重要なことなのです。

面接時に自分の価値を伝えやすいメリット

人は、他の人のものを欲しくなる生き物です。

友達の彼氏や彼女が羨ましくなることもあるでしょう。

転職活動の面接でも、この方法が使えます。

「会社には退職意向を伝えているのだが、経営者からどうしても待ってくれと強く慰留されていて現在も働いている」

という、「会社で必要されている人材である」ことをアピールするのです。転職先の面接官も、強く引き止められている人と、すぐに辞められてしまう人では、強く引き止められている人に興味を持つのです。

このように働きながら転職活動をすることにはプラス面も多いため、焦って辞める必要はないのです。