薬剤師の転職活動の期間

薬剤師の転職活動にかかる期間はどのくらいなのでしょうか?

薬剤師さんの希望や転職希望の場所、面接の進み具合など様々な状況によって、転職活動にかかる期間は変わってきます。

平均的には3週間~1ヶ月という期間が一般的です。その中でも、早い方で3日~4日で1社目の面接で内定がでて決まってしまうケースもあります。

サラリーマンなどと違って、売り手市場の薬剤師の場合、面接の回数が少なくなりいきなり採用の責任者との面接ということも少なくないため、比較的早く内定まで進めることができるのです。

ただし、面接にじっくり時間をかけにくい病院や調剤薬局、ドラッグストアの面接と違って、製薬メーカーへの転職活動の場合、3回以上の面接のステップがあることも珍しくなく、元々募集件数自体が少ないため、薬剤師さんの応募も多く、1回1回の選考結果の連絡にも1週間ほどかかるケースもあるため、2ヶ月ぐらいかかることも多いようです。

自分の行きたい会社に行くためには、「多少数ヶ月かかってしまっても良い」だけの生活費などは確保した上で、じっくり見極めることが必要と言えます。

焦って一番はじめに内定をくれた調剤薬局で決めてしまってすぐにまた転職しなければならないということもあるからです。すぐに内定をくれる会社というのは、それだけ薬剤師さんが不足している、つまり定着率が悪い会社ということもあるのです。