薬剤師が転職する理由

薬剤師が転職するのはどうしてなのでしょうか?ほかの業界と同様にさまざまな理由で転職を考えられている方がいます。ここでは薬剤師の転職の理由について解説しています。

年収を上げるために転職

「年収に不満がある」「ほかの薬局では年収がもっとあがるのではないか?」こう考える方はほかの業界と同様に多くいます。特に薬剤師や看護師は高齢化社会に突き進んでいる日本の中で数少ない売り手市場の人材なのです。そのため、転職サイトなどにも、年収600万以上という案件が載っていることも多々あります。そういう情報や知人や同僚の転職での年収UPの成功例などを聞けば、やはり転職を検討せずにはいられません。

特に薬剤師の年収年収は500万円です。この平均よりも低い薬剤師の方であれば、転職した方が年収が上がる可能性は高いと言えるでしょう。

人間関係が原因で転職

転職を考える人の中で一番多い理由が人間関係です。特に薬剤師の方は、薬局など、比較的小規模の組織の中で仕事をする人が圧倒的に多いため、人間関係がうまくいかない場合に環境を変えることを検討する方もほかの業界よりも多いのです。薬局店主(薬剤師)、薬剤部長、薬局長などの管理職のポストはひとつの職場にいくつもないのが普通のため、人間関係がうまくいかなければ環境をかえるしかないでしょう。

残業が原因で転職

これも年収と同時に検討される理由です。看護師の方に比べると残業の連続だという薬剤師の方は少ないのですが、その中でも残業時間が長い薬局というのは当然ながら出てきます。残業の少ない薬局が多いため、残業の多い薬剤師の方が転職によって残業時間を減らすことは比較的容易なのではないでしょうか。

スキルアップ、技術の向上のために転職

薬剤師の方のスキルというのは、年々高度な専門知識と技術が求められるようになっています。2004年に採用された薬剤師認定制度はそれの最たる例でしょう。今こそ、まだ認定薬剤師や専門薬剤師の資格を持っている方とそうでない方の年収は大きくは変わりませんが、2、3年でこの差は大きく広がるのではないかと言われています。そんな昨今では、自身のスキルアップを目指したい薬剤師の方も多くいます。ただ、その研修や資格取得に対して前向きな薬局とそうでない薬局は当然存在します。小規模な薬局ほど、研修等に力を入れるほど余裕がなくなってしまいます。そういった薬剤師の方は、研修制度、資格取得へのバックアップが整った大規模病院の調剤薬局などへの転職がおすすめです。

上記以外にも多くの転職の理由が存在します。目的に合った転職をすれば売り手市場の薬剤師の方は転職が成功する可能性が高いでしょう。