薬剤師転職が成功しやすい時期

薬剤師の方が転職をする場合に、いつ転職をするのがベストなのでしょうか?転職に向いている時期はあるのでしょうか。ここれでは薬剤師転職のおすすめの時期について解説します。

薬剤師転職が成功しやすい時期の条件

まずは、どういったときに転職が成功しやすくなるのでしょうか。

  • 薬局や病院が忙しくなるとき
  • 薬局や病院に欠員(退職者)が増えるとき
  • 薬剤師の転職市場に希望者が減るとき

というタイミングで、薬局や病院はこぞって採用枠を増やして、採用活動をするため、転職の成功率がアップするのです。

では、一つずつパターンを見ていくと

1.薬局や病院が忙しくなるとき

薬局や病院が忙しくなるときというのは、9月~2月の秋から冬にかけての時期と言われています。

熱い夏よりも、寒い冬の方が体調が悪化する方が多く、特に9月、10月、11月と季節の変わり目に対応できずに体調を崩す方が多いのです。必然的にこの時期には、薬局や病院の来院者が増えて、業務量は増えてしまいます。

2.薬局や病院に欠員(退職者)が増えるとき

薬局や病院に欠員(退職者)が増えるのは、どういうときでしょうか。

ボーナスの前後

退職する人は「ボーナスをもらってから」と考えることが多いので、どうしても、6月の夏のボーナス、12月の冬のボーナスをもらって、2,3か月で退職するという方が多いのです。夏のボーナスの場合は、8月、9月、冬のボーナスの場合は、2月、3月に退職者が増えるようです。

新卒が耐えられずやめてしまう

4月に入った新卒の退職者が出始めてくるのが、半年後の10月です。多いところでは、新卒者の半数は半年で辞めてしまうのです。新卒とはいえ、半年後は戦力としてカウントしているため、予想外に退職者が多ければ、採用を強化する必要に迫られてしまいます。

3.薬剤師の転職市場に希望者が減るとき

これは、実は時期として明確なものはあまりありません。転職が決まらない方はそのまま転職活動をするからです。

まとめ

一番薬剤師の方が転職に成功しやすい時期、年収などの条件が良い時期は、「10月」とその前後の「9月」「11月」です。冬の忙しい時期、新卒の退職者や夏のボーナスをもらってやめる人が増える時期、と言っていいでしょう。この時期を狙って転職をするのも賢い方法です。